短期バイト体験談 » 制作スタッフ » 漫画家のアシスタント


m01私は絵を描くことが得意だったので、知り合いに頼まれて漫画家のアシスタントをしたことがあります。

会社と違ってあくまでも個人のお手伝いなので、労働基準法もあったものではなく、

まる一日(24時間)ぶっ続けで日給一万円でした。

夜眠れないのが辛いし、時給にするとかなり安いと思います。

仕事の内容はスミで黒い部分を塗ったり、集中線などの細かい線を書き込んだりする作業でした。

 

先生はお世辞にも絵が上手な方ではなかったのですが、

アシスタントが書く絵には厳しく注文を出し、何度もやり直しを要求してくるので、

次第にストレスが溜まっていきました。

 

先生は体力的に徹夜が厳しい年齢だったので、途中で寝てしまい、

明け方まで私独りで作業したりしました。

 

先生がそばにいない方が気楽で作業もはかどりましたが、

「なんでこんなことしてるんだろう。」と若干虚しくなりました。

 

結局、ふつうのバイトをしたほうが金銭的にも精神的にも良いと判断し、

その後はコンビニバイトに変えました。

 

漫画家志望で好きな作家さんのお手伝いができるなら、良い仕事かもしれません。

単発・短期のアルバイトを見つけるなら!






バイト応募して働いたのち、申請すると「採用お祝い金」がもらえる!
今大人気のアルバイト情報サイト「ジョブセンス」。

Leave a Reply