短期バイト体験談 » 一般事務, 営業アシスタント, 映像関連 » テレビ局のアシスタント


w01学生のとき、週に3日ほど、あるテレビ局でアルバイトをしました。

業務推進部というところで、一体何をやっているのかよく分かりませんでした。

仕事はほとんどなく、時々、書類を届けに行ったり、アンケートのまとめをやらされるくらいでした。

とにかく暇で、仕事がないときは何をしていても良いと言われたので、ずっと文庫本を読んでいました

でも周りの人たちは、忙しそうに働いています。

文庫に目を落としていても、気になって中々集中できません。

自分ひとり何もせず、肩身の狭い思いをしました。

 

自分から「何かお手伝いしましょうか」と申し出ても、

慣れない女子大生に任せられる仕事はないのか、

せいぜいコピー取りを頼まれるくらいで、

余計に申し訳ないような気持ちになりました。

 

結局1ヶ月ほどで辞めましたが、仕事がなく、

暇なことがこんなにツライとは思いませんでした。

1日が長くて、「ああ、まだ2時」「ああ、まだ2時半」と時計ばかり見てしまうのです。

 

人間、あまり暇なのは、かえって苦しいということを学びました。

いまでも、あのバイトは何だったんだろう…と思います。

単発・短期のアルバイトを見つけるなら!






バイト応募して働いたのち、申請すると「採用お祝い金」がもらえる!
今大人気のアルバイト情報サイト「ジョブセンス」。

Leave a Reply