短期バイト体験談 » 交通量調査 » バス内交通量調査


m01正直に言いまして、かなり劣悪なお仕事だったと思います。

まず、勤務の前日に事務所に集合し、そこで仮眠を取るという説明を受けていたのですが、

実際には観光バスに補助席まで使って詰め込まれ、そのまま移動……。

勤務先のバス会社に着いてからは、空調も無くドアは全開。

その状態で朝まで数時間放置されました。

極寒の狭い車内で、私語が酷く、しかも朝四時に弁当が配られるなどし、

どう考えても「仮眠」をとれる状況ではありませんでした。

 

仕事内容自体も、お粗末なものでした。

バスの入口に立ったまま、両手が塞がっての作業だったため、

かなり危険だったと思います。

現に何度も転び、冷や汗を流しました。

 

また、作業の内容自体も、無意味としか思えないもので……。

バスの乗客からも仕事についてたびたび質問されましたが、

答えられるはずもありませんでした。

 

最初は休憩の多い仕事だと説明されていたのですが、

実際には「休憩時間」の多くが、データ処理などの雑用で潰れました。

終了後も一時間以上残業しましたが、その分の手当も出ませんでした。

 

結局、拘束時間25時間で、14000円。

一般的に、交通量調査はオイシイと思われがちですが、

案件によって全く違うのだと、思い知らされた経験でした。

単発・短期のアルバイトを見つけるなら!






単発バイトが効率よく見つかる短期バイト専門求人サイト「ショットワークス」。

Leave a Reply