短期バイト体験談 » 飲食店スタッフ » 総菜屋で助っ人のアルバイト


m03お米屋の配達で働いていた頃、配達をしていた総菜屋さんに、

日曜日の休みの時に新装開店する総菜屋の助っ人を頼まれました。

本来はパートのおばちゃんを雇っていたのですが、1人これなくなったので緊急の助っ人でした。

とりあえずお世話になっているお店だったので、休み返上で働きました。

緊急の1日助っ人の割りには日当6千円と安かったです。

 

私の最初の作業はご飯を炊くことで、

家庭で使う電気ジャーではなく、ガス式の釜でごはんを炊きます。

米を切るように洗い、ガス火を付けてから釜をセットして、米用のストップウオッチをスタートさせます。

後はストップウォッチが鳴れば、ガスを止めて釜を空けて、

しゃもじで米を切るように空気に当てて蒸らし、お米をモチモチの美味しい状態にします。

 

お米ができる間に、私はキャベツや玉ねぎ、ジャガイモなどをの野菜を切って準備をして、

それをおばちゃんたちが調理します。

 

全ての惣菜の準備が終わると、お店が開いてお客様が並んでいる惣菜を買っていきます。

後は売り終わった惣菜の器を洗ったり、調理に使っている鍋を洗うだけでした。

それでも新装開店の日だったので、かなり忙しかったです。

 

単発・短期のアルバイトを見つけるなら!






バイト応募して働いたのち、申請すると「採用お祝い金」がもらえる!
今大人気のアルバイト情報サイト「ジョブセンス」。

Leave a Reply