短期バイト体験談 » 交通誘導 » 交通誘導


w03交通誘導を始めたきっかけは、東京の大学に進学が決まり、高校3年の春休み期間、

時間が余っていたことと上京する時の資金を稼ぐのが目的でした。

朝は8時に事務所に向かい、そこかれ車で現場に向かいって、

基本的には5時頃終了して、6時には事務に戻る感じでした。

現場は、国道、一般道、建築現場、など様々で近場から、となりの市まで行くこともありました。

国道では、長い距離の交通誘導でしたので6・7人を行い、

無線を使いながら、中継地点ずつ合図を送り、最後のナンバーをコールしていきます。

 

国道ですので、交通量も多く、確認ミスなどしてしまいますと、

大きな事故になりかねないので、かなりのプレッシャーがかかります。

 

また、ダンプカーやトラックなど大型車両を背中に作業し、

クラクションなんか鳴らせれると、かなりビビってしまいますね。

 

建築現場は一転して、ほとんどが建築車両なので、

交通量もすくなくやる事が少なくで、時間を長く感じていました。

 

一般道では免許研修中の友人と会ったりした思い出があります。

単発・短期のアルバイトを見つけるなら!






単発バイトが効率よく見つかる短期バイト専門求人サイト「ショットワークス」。

Leave a Reply