短期バイト体験談 » 発送・仕分け・梱包 » 飲料の仕分け


m02飲料の仕分けというのは、ベルトコンベアで流れてくるビールやジュースなど商品の入った段ボールを、発送先ごとに分けていく仕事です。

流れてきた段ボールを機械で表示された場所に置いて行くだけなのですが、何よりまず重い!

1つの段ボールに十数本の飲料が入っているためとても重く、しかも次から次へと流れてくるため、1箱ずつ運んでいては到底間に合いません。

 

よって、10kg以上の段ボールを一度に2箱、場合によっては3箱抱えてあっちへこっちへと走り回ることになり、非常に体力の要る仕事です。

自分が働いた時期はまだ肌寒い春先だったというのに、毎日汗だく、持参していた2Lのペットボトル飲料も終了時間には空になっていました。

 

勤務時間は当日の仕分ける商品量によって変わります。

商品が飲料のため季節の影響が大きく、自分の働いていた時季も随分忙しく感じましたが、夏場はそれ以上で深夜まで帰れないほどだそうです。

 

非常に疲れますが、それだけに達成感も味わえます。

しかし前述の通り重いものを抱えて走り回るため、足腰に負担がかかります。

 

自分の働いた期間は1ヶ月程度でしたが、それでも後半になると腰に痛みを感じました。

長期間働く場合注意が必要そうです。

 

単発・短期のアルバイトを見つけるなら!






バイト応募して働いたのち、申請すると「採用お祝い金」がもらえる!
今大人気のアルバイト情報サイト「ジョブセンス」。

Leave a Reply